リレンザなら個人輸入通販サイトがお得

添付文書に注意が必要なリレンザの投与回数

リレンザというのは、インフルエンザの治療や予防の目的で開発された抗インフルエンザ薬のことです。
他の医薬品と同様に、リレンザにも添付文書が付いていますが、特にリレンザの場合には、使用の方法や用量が特殊なため、添付文書を熟読して、正しく用いるいうことが重要になってきます。
一般に医師から処方される医薬品といえば、錠剤あるいは液体のシロップ、粉末などとして、口から直接飲むタイプというのをイメージしますが、リレンザの場合は、専用の吸入器を用いて、息を吸い込むのにあわせて、薬剤の粉末を同時に吸い込むという形式をとっています。
そのため、使い方をまちがってしまうと、正しく薬剤がインフルエンザウイルスがたまりやすい気道の粘膜に届かず、投与の意味がなくなってしまいます。
リレンザをインフルエンザの治療目的で用いる場合は、1回10ミリグラム、回数としては1日2回、5日間にわたって投与するというのが、大人から子供までの標準的な用量であるといえます。
薬剤は粉末ではあるものの、アルミでできたブリスターとよばれる容器のようなものに入った状態で、これを吸引器にセットして用いることになります。
1つのブリスターは有効成分の分量としては5ミリグラムですので、1回10ミリグラムとはいっても、回数的には2回にわけて吸引するということになります。
また、リレンザをインフルエンザの予防目的で用いる場合には、さらに用量が異なり、1回10ミリグラム、回数は1日1回、10日間つづけて投与するということになっています。
このように、予防目的の場合は通常と用量が違ってきますので、添付文書をよく読んで、医師の指示にしたがって投与するということがたいせつになるのです。