リレンザなら個人輸入通販サイトがお得

季節性のインフルエンザの危険性とリレンザの早期投与

インフルエンザウイルスは、学術的にはいくつかのタイプにわけることができ、A型、B型、C型といった3つの分類が代表的ですが、特にA型などにはさまざまな亜種とよばれる微妙なタイプの違いがあり、その数でいえば100種類は優に超えてしまいます。
C型ウイルスは子供が感染することが多く、これは季節性というよりも、むしろ年間を通じていつでも感染するものですが、A型やB型の場合には、乾燥しやすい冬場などに大流行する季節性のものが多いといえます。
ただし、季節性とはいっても、沖縄や九州南部、あるいは海外などでは夏場であっても感染することがありますので、インフルエンザとふつうの風邪をまちがえないようにすることがたいせつです。
このインフルエンザウイルスに感染してしまった場合ですが、38度以上の熱が出たり、体がだるく、筋肉が痛むなどといった、ふつうの風邪にはみられないような特徴的な症状があるものです。
熱は遅くとも5日程度もあれば自然におさまるものですが、特に子供の場合には、中耳炎やインフルエンザ脳症などの別の病気を併発する危険性があり、脳症ではけいれん、意識障害、異常行動など神経症状が急速に進行し、生命にかかわることすらあります。
お年寄りの場合にも肺炎の合併症が多く、こちらも生命にかかわる危険があり、介護施設などで集団感染がおそれられているのはそのためともえます。
このようなインフルエンザの危険性をふまえた上で、発症した場合には、なるべく早く、リレンザのような抗インフルエンザ薬を投与するのが有効といえます。
発症から48時間のインフルエンザウイルスが体内で増殖している最中であれば、リレンザを投与することによって、熱などの症状をすみやかに抑えることができます。
ただし、リレンザはこの時間を過ぎて体内にウイルスが増殖しきった段階ではあまり効果がなくなりますので、早めの対応というのがキーポイントとなります。