リレンザなら個人輸入通販サイトがお得

国内での感染対策にはうがいとリレンザ

日本国内でも冬に最もインフルエンザが流行します。それは日本国内の冬は気温が急激に低下し、それに伴い湿度も極端に乾燥するようになるためです。空気の乾燥が見られるとインフルエンザウイルスは活発に活動するようになり、人の肺にも侵入しやすくなります。こうしたンフルエンザ感染予防対策として最も国内でポピュラーなのがうがいと言えます。うがいをすることで喉や口の粘膜に付着したウイルスを吐き出し、肺への侵入をブロックすることができます。しかし喉や口の粘膜にインフルエンザウイルスが付着し、長時間うがいをしないでいると次第にウイルスは肺に侵入しそこで大増殖をはじめ、体は激しい拒絶反応、つまり抗体反応を見せるようになります。その反応として代表的なものが40度を超える高熱や嘔吐、下痢、関節痛ということができるでしょう。こうした抗体反応による様々な症状は風邪の症状とは違い重症であり、日常生活がままならなくなります。そのためうがいによる感染予防対策には限界があると言えます。より感染に効果的な予防対策として、最近ではリレンザの活用を挙げる事ができます。リレンザは元々感染し症状があらわれてから使う治療薬として有名でした。しかしリレンザの吸入し、肺に薬を充満させる特性を活かし、感染予防薬として用いる人も多くなっています。リレンザの粉末薬を流行シーズンやピーク時に吸入しておくと肺に薬を充満させ、万が一そこにウイルスが入り込んでもそれ以上増殖できない効果が期待できます。すると高熱や下痢、嘔吐などの激しい症状に見舞われることなく、比較的早く回復に向かうことがわかっています。リレンザは医療機関の処方せんがなければ手に入らないイメージが強いですが、近年はネット通販や個人輸入で安く手に入れることが可能になっています。