リレンザなら個人輸入通販サイトがお得

中耳炎とインフルエンザの症状改善に効くリレンザ

人混みなどでインフルエンザウイルスに感染してインフルエンザにかかってしまった場合、はじめは自覚症状がありませんが、猛烈ないきおいでインフルエンザウイルスが体内で増殖をはじめ、ものの数日後には38度以上の高い熱がでたり、関節や筋肉の痛み、全身のだるさ、のどや鼻の粘膜の痛みといった症状があらわれます。
冬の寒くて乾燥しやすいシーズンに大流行するのは日本人にもおなじみの光景ですが、このような場合、他人にうつさないようにするため、学校や会社を休むというのはもちろんのこと、はやめに病院にいって、リレンザなどの抗インフルエンザ薬を投与してもらうのが、症状を早く改善させる上で必要なことです。
リレンザは発症から48時間以内に投与すれば、体内でウイルスが爆発的に増殖するのを抑制することができるため、このタイムリミットまでに投与できるかどうかがカギとなります。
インフルエンザは放っておいても安静にすればやがて熱もおさまることもありますが、長い人ではやはり5日程度は高い発熱が続くこともあり、本人としてもたいへん苦しいものです。
特に、日本人には割と多い中耳炎のような別の感染症を併発してしまうと、熱がなかなか下がらないということにもなります。
鼻の粘膜と耳は人体の構造上つながっているため、インフルエンザなどの場合にはばい菌が耳の奥に入り込んで中耳とよばれる部分の炎症、すなわち中耳炎を発症しやすいのです。
日本人の大人よりも、耳道が水平に近い形状で、まだ未発達な子供のほうがむしろ、中耳炎にかかるおそれも高いということができます。
このようなつらい症状の大本を断つという意味でも、リレンザのような抗インフルエンザ薬の投与が求められるわけです。